大阪地区での太陽光発電事情

東日本大震災が日本中を恐怖のどん底に陥れてからもうすぐ2年がたとうとしています。
大きな地震が大地を揺らし、津波の大きなうねりが湾岸地区を全滅状態にし、とどめに福島原子力発電所からの放射能が大気を著しく汚染し在日の外国人が逃げ出してしまう状態となりました。
それまでの原子力一辺倒の日本の電力事情が大きな方向転換を余儀なくされたのは、この天変地異以降でした。
日本中がアンチ原子力発電ということで、国民の総意が構築され、原子力発電の未来は完全に消え果てました。
そしてその反動で原子力発電に変わる発電方法が、俄然注目を浴びることになりました。
火力発電、水力発電、そして大空からふりそそぐ太陽光を電流に変換する太陽光発電がみなされるようになりました。
個人の家の屋根の上に、ソ-ラ-パネルを設置して、自家使用分のある部分を発電することが、広がっています。
郊外の戸建ての家の多い県では、其の形がどんどん普及しています。
住民主体の太陽光発電の推進が進んでいます。
一方、大阪府のように都心部では行政、あるいは電力会社が主体となって大型の太陽光発電所が構築されています。
いわゆるメガソ-ラ-であります。
大阪府堺市には、2011年9月7日、日本最大級の陽光発電所「堺太陽光発電所」が誕生しています。
堺市と関西電力がタイアップして 地球に優しい発電設備を大震災の発生以前に建設していました。
堺太陽光発電所の出力は1万kW(10MW)です。
しばしば引き合いに出される2011年8月に東京電力が運転を開始した「浮島太陽光発電所」(川崎市川崎区)の7MWを上回る国内最大のメガソーラーということになっています。
約7万4,000枚のソーラーパネル(太陽電池)が並んでいます。
21ヘクタール(甲子園球場の約5倍)の敷地にくまなく設置され、この地区だけが、照り返しが異様にあり、まさに太陽光発電所の異様さをかもし出しています。
このような取り組みの成果で、住民の意識は他地区に比べて高く、戸建てのソ-ラ-パネルの設置率は、年々上がってきています。

乳房再建
乳房再建のための手術方法をご紹介しています。

posted by admin